土地活用の意味

バブルの頃は、土地はもっているだけでメリットがありました。
今後確実に値上がりすることが予想されたため、近い将来に多くの現金収入が得られる可能性がきわめて高かったからというのがその理由です。
しかし、バブルの崩壊とともに、そういったことはなくなりました。
土地をもっていても値下がりする可能性のほうが高いうえに、土地を管理するための負担が生じることになります。
都市計画税や固定資産税は毎年生じますし、相続税がかかる場合もあります。
そこで重要視されるようになったのが、土地を資産として活かすための土地活用です。

土地活用の一般的なイメージというと、使用していない土地をあてるということです。
しかし、土地活用をしていたとしても収益力をきちんと活用できているかどうかは別の問題です。
駐車場などとして収益がある土地でも、ほかの用途のほうがより安定した収益が見込めるといったことは少なくありません。
たとえば所有する土地がマンション経営に適した土地で、活用方法を変更すればより高い収益が得られるということは珍しくないのです。

土地は所有しているだけでは収益を生み出すことはできません。
しかし、なんでもいいからつかっていればいいということでもないのです。
土地活用では所有の土地の特徴をとらえ、もっともいいと思える活用方法を探ることが大切となります。
本サイトでは土地活用によって得られるメリット、活用の種類などについてまとめています。